ひと昔前と違って、3Dベースの開発は珍しいものでは無くなってきております。
一部の企業がまとまったお金を出して開発していたころは遠い昔の話で、今では沢山のメーカーが3Dベースで開発をすすめております。
3Dベースの開発がここまで多くのメーカーに広まった要因として考えられるのが、コストが大幅に抑えられるようになったことと、以前はかなり多くの時間を費やしてきた作業が、ソフトやマシンスペックの向上によって、かなり時間を短縮して行えるようになったことなどが挙げられます。
そして最も大きかったのがレンダーファームの台頭です。

レンダーファームとは、クラウドベースで行う事ができるレンダリングサービスです。
会社で所有することのできない程の強力なGPUを使用して高速化しながら作業を行う事が出来るようになります。
これまで複数のパソコンで作業をするしかなかった内容でも、一つのパソコンで全ての作業を行えるようになりました。
レンダーファームのサービスを提供している会社も複数ありますが、中でもRender Poolという会社のサービスは、多くの方が利用しており、非常に人気があります。
CPUベースのサービスと比べてGPUベースなら、1000倍の速度も可能ですので、重めの処理などにおすすめです。

https://jp.renderpool.net/


メニュー

ページのトップへ戻る